[ブロック事業:開催中止のお知らせ] 3/6-7実践報告会『あいだのとらえかた2 フクシ×アート×〇〇』

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、本報告会の開催を中止することにいたしました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。 (2月26日12:00更新)


令和元年度 厚生労働省:障害者芸術文化活動普及支援事業 東海・北陸ブロック実践報告会
『あいだのとらえかた2 フクシ×アート×〇〇』

万能ではありませんが障害のある方の創作活動が広がることで、一人ひとりの暮らしが様々な側面で豊かになっていく事例が見えてきました。一方で、創作活動を広げていくために何が必要で何をしたら良いのか、答えのない問いを考えています。方法としてはいろいろあるのだけれども、やっぱり良く分かりません。これまでも様々な提案や企画をしてきました。〇〇したら良いよ、〇〇のために、こういったノウハウが必要だよね。これで解決することもあれば、そうではないこともあります。提案が一方的であればあるほど、関わる方の熱量に差が出る感じがします(これも善し悪しの判断はできません)。どんなことにも関心の強弱はあるので、提案よりも、もしかしたらひっかかりを多く用意するのでひっかかってくれたらいいなぐらいのスタンスが良いのかもしれません。

日時 2020年3月6日(金)~7日(土)
会場 1日目:ぽれぽれ工房山の家(石川県金沢市三小牛町イ3-2)

2日目:金沢市民芸術村アート工房(石川県金沢市大和町1-1)

定員 1日目:15名

2日目:50名

対象 どなたでも【要申込】
参加費 無料

 


  チラシPDF