9月21日 未来言語ワークショップご案内

障害のある方もない方もアート活動を楽しむ環境づくりの一環でアクセシビリティ研修を実施します。

『アクセシビリティ』という言葉、最近良く耳にするようになりました。
直訳すると、何かに対するアクセスのしやすさや利用しやすさを示す言葉であり、日本ではバリアフリーの観点で使われることが多いです。
ただ、企画を練れば練るほどただハードを揃えればいいかという疑問が湧いてきました。
もっと大切なことは身近にあるのでは?そもそも日常生活において『伝わらないこと』はたくさんあります。
そんな一人ひとりがもっている日常生活のコミュニケーションで抱えているモヤモヤ感をカタチにできたら。
今回は、未来言語ワークショップを通じて様々なコミュニケーションのあり方を学び、アクセシビリティとは何かを考えてみたいと思います。また、より深くアクセシビリティを学びたい方は9月8日(日)に同会場でプレ開催を実施します。少人数制となりますので、希望がかなわない場合もありますが、あらかじめご了承ください。

日 時:2019年9月21日(土)14:00~16:00
会 場:新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス9階 講堂
(新潟市中央区上大川前通7番町1169番地)
対 象 :コミュニケーションに興味のある方どなたでも
(障害のある方もご参加いただけます / 手話通訳あり)
定 員:50名
参加費:無料
講 師:未来言語
主 催:新潟県・新潟県障害者芸術文化活動普及支援センター